マンションの壁がボロボロに…大規模修繕の必要性

不動産投資として、比較的メジャーな方法とも言えるのがマンションの経営です。
現在マンションを経営している方も中にはいると思います。
定期的な家賃収入も入りますし、管理会社に業務を委託すれば負担も大きく減らせますよね。
新築なら、立地によってはすぐに入居者も集まります。

しかし、マンションといえども建築物に変わりはありません。
建物は年月とともに劣化していきますので、場合によっては大規模修繕が必要になることもあります。
築年数が経つほど必要性もコストも高くなるため早めに検討しましょう。

大規模修繕なんて必要ない、と考える方もいると思います。
しかし、外壁がはがれたり設備が劣化・故障してしまうと入居者も敬遠しがちになるでしょう。
入居希望者も集まらず、経営そのものが危うくなる可能性もあります。
必要性を感じたら工事も検討することをおすすめします。

でも何をすれば良いのでしょうか?
まずは「マンションの大規模修繕に必要なこととは」を見てみましょう。
方法や注意点に関してのアドバイスが書かれています。
施工業者を選ぶ方法も見逃せません。

経営しているマンションは大丈夫ですか?
建物の傷みや劣化が目立ち始めたら、大規模修繕が必要な時期かもしれません。
工事などについて業者に相談してみましょう。